コラム
COLUMN

書き方

2020/03/12

「自分史」に、趣味のことを書く

「自分史」に、趣味のことを書く

趣味は、ありますか。

 

 

多趣味な人、無趣味な人、仕事が趣味みたいな人…、プライベートの時間の使い方として、趣味に費やす人も多いと思います。「趣味」と一口に言っても無限にありますから、このテーマに関しては何か一つでくくれるようなものはありません。

とはいえ、趣味は完全に自分の好きなことですから、「自分史」にもそのことを記しやすいうえに、かなり突っ込んだ形で書けると思います。

 

 

なお、専門のリサーチ機関が20~50代の男女に行なった「趣味に関するアンケート調査」は以下のとおり。

 

【男性】

1位 スポーツ 30.2%

2位 読書 15.6%

3位 パソコン・ネット 15.2%

4位 旅行 12%

5位 音楽鑑賞 10.4%

6位 映画鑑賞 10.2%

7位 車/バイク 10.1%

8位 ゲーム 9.6%

9位 ギャンブル 8.8%

10位 スポーツ観戦 7.5%

趣味はない 2.1%

 

 

【女性】

1位 読書 21.7%

2位 旅行 16.3%

3位 音楽鑑賞 14.6%

4位 料理 14.5%

5位 ショッピング 13.8%

6位 映画鑑賞 12.5%

7位 パソコン・ネット 11.3%

8位 スポーツ 8.8%

9位 グルメ 7.9%

10位 手芸・裁縫 7.5%

趣味はない 2.5%

 

 

男性も女性も、割と似通った趣味が多いです。異なる点として、男性は「車・バイク」「ギャンブル」、女性は「料理」「ショッピング」「手芸」というくらいでしょうか。こうした一般的なものに加えて、例えば「きき酒」や「パンづくり」「カヌー」「パワーヨガ」「創作ダンス」「サバゲー」「写経」など、かなり突っ込んだ趣味を持っている人も少なくないと思います。

 

あとは「鉄道マニア」「歴史マニア」「アイドルおたく」「女装・男装マニア」など、趣味というよりもライフスタイルになっているケースもあるかもしれません。ともあれ、自身の趣味についてピックアップできたでしょうか。

 

 

・その趣味を始めた理由

・その趣味の魅力

・その趣味に割いた時間とお金

・趣味へこだわり

・趣味の仲間のこと

・趣味にまつわるエピソード

・昔の趣味、いまの趣味

 

 

 

お見合いなどで「趣味は?」という質問は定番ですが、それはその人のプライベートを最も分かりやすく把握できる質問だからです。ということは、「趣味」は自身の大きなアイデンティティでもあります。ぜひ自分の趣味との向き合い方を、色々と「自分史」に記してみてください。もしかしたらそれだけで、一冊の本が書けるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスに関するご質問、気になる点はお気軽にご相談ください。

090-6548-3331
9:00-21:00(土日祝除く)