コラム
COLUMN

書き方

2019/12/05

「自分史」に、幼少期に着ていた服や履いていた靴のことを書く

「自分史」に、幼少期に着ていた服や履いていた靴のことを書く

幼少期の頃、どんな服を着て、どんな靴を履いていたか覚えていますか。

 

 

子供服はキャラクターものやカラフルな柄など特徴的なものが多いですから、お気に入りの一着があったのではないでしょうか。靴に関しても、気に入って履いていた一足があったと思います。今では子供服ブランドは海外メーカーも含めて充実しており、どんどん進化している印象を受けます。

ただ、子どもはぐんぐん成長しますから、当然ですが、すぐに着れなくなったり履けなくなったりするものも多いです。愛着がわいてきたと思ったら着れなくなってしまった…、そんな衣類もあったと思います。さて、昔の写真に写る自分はどんな服を着て、どんな靴を履いていたでしょうか。それらをどこで、誰が買ってくれたでしょうか。

 

ちなみに近年、ジュニアシューズの市場では「瞬足」ブランドに代表されるように早く走れる靴が人気のようです。確かに小学校時代は足の速いやつがモテる傾向にありますから、そういったことも含めて売れているのかもしれません。足の速い子がモテるのは、普遍のあるあると言えそうです。

 

さて、幼少期に来ていた服やズボン、スカート、上着、履いていた靴のことは思い出せたでしょうか。自分のタンスの中身を思い出せますか? ファッションに興味があった方なら、きっと当時からこだわりを持って服を選んでいたと思います。ぜひ、思い出の衣類や靴を自分史に記してみてください。

 

個人的にはオシャレには全く興味がなく、何を着ていたかほとんど思い出せません。今でもオシャレには自信がなく、ユニクロや無印などの衣類を無難に着るのが精一杯です。このテーマは親の影響がもろに出ますし、人によってかなり内容に差が出そうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービスに関するご質問、気になる点はお気軽にご相談ください。

090-6548-3331
9:00-21:00(土日祝除く)