コラム
COLUMN

書き方

2019/12/03

「自分史」に、小学校時代の担任の先生について書く

「自分史」に、小学校時代の担任の先生について書く

小学生時代の担任の先生のことを覚えていますか。

 

 

学校生活が始まって最初に接する大人ですから、印象に残っている人も多いのではないかと思います。特に小学校時代は中高と異なり、担任の先生がほぼ教科を教えるわけですから、かかわりは深いです。

勉強の教え方や授業の進め方によって生徒の勉強への取り組み方も変わるわけですから、その意味でも一番最初に担任になる先生というのは、その後の人生において多少なりとも影響を与えているものだと思います。

 

小学校の教師になった人に志望動機を聞くと「中学や高校は難しそうなので小学校にした」という意見もけっこう多いそうなのですが、実は最も難しくて本当に責任重大なのは小学校時代の先生とも言えそうです。

 

さて、小学校時代の先生はどんな先生だったでしょうか。1~6年生までの担任の先生を覚えていますか。

 

 

・人柄、人格

・容姿

・先生が話した内容、印象に残っていること

・授業で覚えていること

・担任の先生を巻き込んだ事件

・先生と交わした会話の内容

 

 

小学校の先生から何かを学びましたか。それとも、特に学ぶことはなかったでしょうか。自分史を書くにあたって、ぜひ上記にあげた項目の記憶を思い出してみてください。卒業アルバムを眺めれば、きっと当時のことが思い出されるはずです。

 

ちなみに個人的には、卒業アルバムを見ていない段階ではほとんど覚えていません。そのなかでぎりぎり覚えていることを、下記に記してみます。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

私は小学生時代、なんとなく生きていたからか担任の記憶がすっぽり抜け落ちている。ただ、かろうじて覚えているのは5~6年時のK先生だ。彼の特徴は50代男性、長身、オールバック、スタイルがいいというくらいだろうか。今から考えるとダンディズムにあふれている感じだが、当時はすぐ怒る先生として有名だった。

 

彼はネパールが好きで、長期休みはほとんどネパールに行っていたらしい。ホームルームでもやたらネパールの話をしていた気がする。今思えば、ただただ個人的なことを話していたので覚えていないのかもしれない。逆にもっと当時の小学生が食いつくような話であれば、もっと印象に残っていただろうか。

 

彼は若い頃からずっと教師で、ことあるごとに言っていたのは「俺は東村山の小学校で志村けんの担任だった」ということだ。確かに志村けんは当時、人気絶頂だったから、彼にとってそれが誇りだったのだろう。個人的には、K先生とのエピソードはほぼない。だけど人間味のあるいい先生だった気がする。というか、小学校全体を通じても先生とのエピソードはほぼない。まあ、あまり目立たない部類の生徒と先生との関係など、しょせんその程度のものなのだろう。

 

それと本当にうろ覚えだが、小学校2年生のとき、確か新卒の若い女性が担任だった。若い女性と言っても、お世辞にもきれいとは言えず、どちらかというとぽっちゃりした、よく言えば愛嬌があるような感じの先生だった。もちろん、その先生との個人的な思い出もない。

 

ただ、一つだけ衝撃的なシーンを覚えている。学級会かなにかのとき、クラスの生徒数名に罵声を浴びせられた彼女は突然、出席簿を両手で持って教卓に思いっきり叩き付けた。その刹那、泣きながら教室を飛び出していったシーンだけはなんとなく覚えている。新米先生で一生懸命だっただけに、生意気盛りの子どもたちが発する忌憚のない悪口が耐えられなかったのだろう。30年以上も前の話だから、もう50代半ばくらいになっているはずだ。いまもどこかで教師をされていればいいなと、ふと思う。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

サービスに関するご質問、気になる点はお気軽にご相談ください。

090-6548-3331
9:00-21:00(土日祝除く)