コラム
COLUMN

自分史の豆知識

2022/10/19

【1936年】自分史と関連付けて書きたい1936年の出来事

【1936年】自分史と関連付けて書きたい1936年の出来事

1936(昭和11)年に生まれた人は、今年(2022年)で86歳を迎えます。

 

この年の大きな出来事としては、2月26日に起こったクーデター未遂事件「二・二六事件」が挙げられます。この事件が起こった背景には、陸軍の派閥争いがありました。
1930年代前半、陸軍が国家改革を目論むにあたり2つの派閥が生まれます。それが「皇道派」と「統制派」です。
「皇道派」は、既存の政府を壊して天皇を中心とした軍事政権を築くことを目的とした派閥。特に若手の軍人、いわゆる青年将校が多く支持していました。一方の「統制派」は、既存の政府と協力して合法的に軍事政権を敷くという派閥です。

この「皇道派」と「統制派」の陸軍におけるポスト争いを制したのは、政府を巧みに利用した「統制派」。しかし「皇道派」はこれに強く反発し、「統制派」のリーダーを暗殺します。それを受け、主導権を握る「統制派」は「皇道派」を黙らせるため、「皇道派」が多く所属する師団を3月1日付で満州へ移動させることを決定したのです。

これに反発した「皇道派」が満州に送られる直前に起こしたクーデター未遂事件が「二・二六事件」です。陸軍青年将校らが約1500名の下士官や兵を率いて政府要人を襲撃し首相官邸や警視庁、朝日新聞社などを占拠したのですが、昭和天皇が激怒したことで彼らの態度は一変。彼らを反乱軍とみなして武力鎮圧することを伝えると、多くの将校や兵が投降しました。なお、このとき元首相の斉藤実は殺害されるも、当時の岡田啓介首相は無傷でした。

ともあれ、クーデターは重罪です。「二・二六事件」を主導した多くの青年将校に死刑判決が下り、刑に処されなかった人たちも陸軍人事で左遷させられ、結果的に陸軍の「皇道派」が一掃されました。さらに政権運営の自信を喪失した岡田首相が内閣を解散したことで、「統制派」は図らずも、合法的に政府を支配して軍事政権を築くことに成功したのです。こうして政府は軍部の操り人形となり、これを機に日本は戦争へと大きく舵を切ることになります。

一方で文化面では、「第1回日本職業野球リーグ戦」、いわゆるプロ野球がこの年から始まりました。春に行なわれた第一回は10試合程度の短期リーグで、東京巨人軍(現:読売ジャイアンツ)、大阪タイガース(現:阪神タイガース)、名古屋軍(現:中日ドラゴンズ)、東京セネターズ(現:日本ハムファイターズ)、阪急軍(現:オリックスバファローズ)、大東京軍(現:DeNAベイスターズ)、名古屋金鯱軍(後にセネターズと合併)の7球団でのスタートでした。
春季と夏季のシーズンは試合数も少なく順位を定めておらず、実質的に初のペナントレースとなる秋季では上記7球団で1チームあたり約30試合が行われ、東京巨人軍が優勝しています。

 

〈1936年の新語・流行語〉
・前畑ガンバレ(ベルリンオリンピック競泳女子200mで、日本の女子選手として初の金メダルを獲得した前畑秀子選手にアナウンサーが投げかけた言葉)
・「忘れちゃいやョ」(歌詞が官能的であることから発売禁止になり、話題に)

 

〈1936年のヒット曲〉
・「東京ラプソディ」(♪花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で)

 

〈1936年の新商品、ヒット商品〉
・アルマイト弁当箱(アルミニウムに表面処理を施し耐久性が増した弁当箱が流行)
・キューピー人形(セルロイド玩具産業が全盛期を迎えて大量生産される)


〈1936年に生まれた有名人〉

1月24日 野際陽子(女優、アナウンサー。東京都杉並区出身。NHKアナウンサーを経て女優に)

 

2月20日 長嶋茂雄(元プロ野球選手。千葉県佐倉市出身。名三塁手として「ミスタージャイアンツ」の異名を取り、天皇陛下の天覧試合でサヨナラホームランを放つ)

 

3月31日 毒蝮三太夫(俳優、タレント。東京都品川区出身。ラジオでの毒舌トークで人気に)

 

7月16日 福田康夫(政治家。群馬県高崎市出身。2007年9月~2008年9月の約1年間、第91代内閣総理大臣を務める)

 

8月14日 桂歌丸(落語家。神奈川県横浜市出身。お笑い番組「笑点」のレギュラーとして活躍。紋付の色は緑)

 

9月4日 梶原一騎(漫画原作者、小説家。「巨人の星」「あしたのジョー」「タイガーマスク」など人気漫画の原作を務める)

 

10月4日 北島三郎(演歌歌手。北海道知内町出身。演歌の大御所としてNHK紅白歌合戦で50回出場の偉業を達成)

 

11月3日 さいとう・たかを(漫画家。大阪府堺市出身。代表作に「ゴルゴ13」など)

 

11月28日 里見浩太朗(俳優。東京都渋谷区出身。時代劇を中心に数々のテレビドラマに出演)

 

サービスに関するご質問、気になる点はお気軽にご相談ください。

090-6548-3331
9:00-21:00(土日祝除く)