コラム
COLUMN

自分史の豆知識

2022/07/27

【1928年】自分史と関連付けて書きたい1928年の出来事

【1928年】自分史と関連付けて書きたい1928年の出来事

1928(昭和3)年に生まれた人は、今年(2022年)で94歳を迎えます。

この年のトピックとしては、初めて普通選挙制による衆議院議員選挙が行なわれたことでしょうか。そもそも選挙制度が始まったのは1889(明治22)年。当初、選挙権が与えられるのは「満25歳以上、直接国税15円以上を納める男子」で、この条件を満たす人は国民の約1.1%、45万人ほどしかいませんでした。一説によるとこの15円は現在の貨幣価値で、1300万円以上に相当するそうです。
そして約40年後の1928年、選挙における不公平感をなくすため、25歳以上の全ての男性が選挙権を得ました。ただ、これでも全国民の20%ほど。性別に関係なく、20歳以上の日本人が投票できるようになったのは終戦直後の1946年からです。

 

普通選挙が始まった1928年に選挙に行ったという存命の方はいませんが、以降の選挙にまつわるエピソードをお持ちの方は多いと思います。親がどんな政党を支持していたか、自分がどんな思いでどんな政治家を支持していたかというのも、その人の本質的な考え方が分かるという意味では、自分史のエピソードとして盛り込むべき内容と言えそうです。

 

また、欧州の文化が根付き始めた大正時代が終わって昭和の時代に入り、受験競争が激化し始めたのもこの頃から。徐々に近代国家・社会主義社会を作り上げるための教育改革として、学歴社会というものが築かれていきます。


〈1928年の新商品〉
・キリンレモン(ラムネ、サイダーに次ぐ炭酸飲料としてキリンビールが開発)
・横浜崎陽軒の箱入りシウマイ(冷めても美味しいことにこだわり、一口サイズのシウマイが完成)

 


〈1928年の新語・流行語〉
・狭いながらも楽しい我が家(アメリカのヒット曲、「マイ・ブルー・ヘブン」を原曲とした「私の青空」の歌詞の一節。この年に日本で発売され、大ヒットに)
・ラジオ体操(この年に、日本中央放送局でラジオ体操が初めて流れる。現在の曲になったのは1951年から)
・電光ニュース(東京・数寄屋橋にあった東京朝日新聞本社の外壁に、日本で初めて電光掲示板が設置され、ニュースの文字が流れた)

 


〈1928年に生まれた有名人〉
1月27日 白井文吾(新聞記者、中日新聞社顧問名誉会長。中日ドラゴンズのオーナー時は落合博満氏の招聘に尽力)
2月20日 浅香光代(女優。昭和30年代の女剣劇全盛時代の立役者。晩年はミッチーのなで親しまれる)
3月10日 渥美清(コメディアン、俳優。「男はつらいよ」シリーズの主人公、寅さんとして国民的人気を博す)
9月5日 浜田幸一(政治家、タレント。愛称は「ハマコー」。歯に衣着せぬ発言から「政界の暴れん坊」「悪党党幹事長」などの異名も)
11月3日 手塚治虫(漫画家。代表作に「鉄腕アトム」「火の鳥」など。多くの漫画家に影響を与えたことから「マンガの神様」と評される)
11月30日 土井たか子(政治家、法学者。社会民主党党首として活動。日本初の女性の衆議院議長としても知られる)

 

 

 

 

サービスに関するご質問、気になる点はお気軽にご相談ください。

090-6548-3331
9:00-21:00(土日祝除く)